menu
閉じる
  1. WordPressディレクトリ毎データを移動する方法
  2. ExcelでURLリストからドメインのみを抽出する方法
  3. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  4. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
  5. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  6. WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)
  7. Analyticsで他ドメインへのクリックをコンバージョンとして計測す…
閉じる
閉じる
  1. Adwords拡張テキスト広告の作り方(設定方法)|2017年1月フォ…
  2. リスティング広告のメリット・デメリット
  3. Facebook広告価格見積もり方法
  4. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  5. GAIQ(EC)Unit1:コース概要
  6. Contact Form 7でInternal Server Erro…
  7. マッキンゼープリンシパルが語る失敗しないビッグデータ
  8. 【動画】アナリティクス解説 vol.5
  9. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  10. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
閉じる

Webマネジメントラボラトリー

WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)

ワードプレスにメールで投稿する方法をまとめました。
想像していた以上に面倒な設定です。もう少し簡単にメールで投稿できそうなんだけどなぁ。

参考にしてみてください。

1.投稿用のメールアドレスを作る。

メールアドレスをひとつ作る必要があります。フリーメールでも概ね大丈夫です。条件はPOP3でアクセスできることです。

2.投稿用のWordPressユーザを作る。

WPの管理画面で、ユーザメニューから投稿用のユーザをつくります。

権限による投稿の動作は以下の通りです。

購読者⇒メール投稿不可
寄稿者⇒下書きへ
投稿者⇒下書きへ
編集者⇒すぐ公開
管理者⇒すぐ公開

間違えてはいけないことは、
ユーザのメールアドレスに投稿する携帯のメールアドレスを登録することです。
このメールアドレスからしか投稿できません。

3.POP3の設定をする。

設定メニューから投稿設定を選択すると、下の方にメールでの投稿の欄があります。

1で用意した、メールサーバー、ログイン名、パスワードを設定します。

4.Ktai Entryというプラグインを追加する。

プラグイン追加しないと投稿できないのか?というのが疑問でしたが、個人的に試した感じではできませんでした。

いろいろ苦労して抵抗するより、開きなおってプラグインに頼りましょう。

インストールすると設定メニューに「メールで投稿」という選択肢ができるので、そこから設定しましょう。

投稿受付メールアドレスは、1で設定したメールアドレスです。

以上、で設定完了です。

ただ、上記だけだと、投稿した添付画像がアイキャッチに設定されません。

5.自動的にアイキャッチを入れるプラグイン

本文に投稿した1枚目の画像を自動でアイキャッチに設定してくれるプラグン「Auto Post Thumbnail」を使用してみよう。

アイキャッチ設定は面倒なので、結構使えるプラグインです。

当然、アイキャッチ設定不要であれば、このプラグインは不要です。

6.最後にテストする。

メールで、タイトル、添付画像、本文を入れて1で設定したメールアドレスにメールを送ってみましょう。
その後、4の画面に「すぐにメッセージを読み出す。」というボタンがあるので、押してみましょう。

投稿一覧に投稿されていればOKです。

photo credit: Julie70 via photopin cc

関連記事

  1. Contact Form 7でInternal Server E…

  2. WordPressディレクトリ毎データを移動する方法

おすすめ記事

  1. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  2. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  3. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
  4. ExcelでURLリストからドメインのみを抽出する方法
  5. WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)
ページ上部へ戻る