menu
閉じる
  1. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  2. ExcelでURLリストからドメインのみを抽出する方法
  3. WordPressディレクトリ毎データを移動する方法
  4. Analyticsで他ドメインへのクリックをコンバージョンとして計測す…
  5. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  6. WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)
  7. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
閉じる
閉じる
  1. Adwords拡張テキスト広告の作り方(設定方法)|2017年1月フォ…
  2. リスティング広告のメリット・デメリット
  3. Facebook広告価格見積もり方法
  4. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  5. GAIQ(EC)Unit1:コース概要
  6. Contact Form 7でInternal Server Erro…
  7. マッキンゼープリンシパルが語る失敗しないビッグデータ
  8. 【動画】アナリティクス解説 vol.5
  9. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  10. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
閉じる

Webマネジメントラボラトリー

サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法

サイトスピードが大事な理由

自分のページが遅いと感じているにもかかわらず、そのままにしている事ありませんか。

サイトの表示スピードは重要です。

理由は二つあります。

ひとつは、ユーザの利便性です。

表示が遅ければユーザはあきらめる可能性が出てきます。

最低2秒を目安にしましょう。

離脱率に関わります。
もうひとつは、SEOです。

これはサイトの表示時間がアルゴリズムに組み込まれていることが既に公表されております。

それ以外にもサイトの表示速度を速くして損することはありません。

サイト表示速度が遅い原因を調べよう

まず、どこで時間が掛かっているか確認する必要があります。

このサイトが使えます。
http://tools.pingdom.com

site_speed_check

その上で、以下のような観点でクリーンアップをしていきましょう。

  1. 画像データを軽くする
  2. 不要なスタイルシートを消す
  3. Javascriptを重複させない

関連記事:ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法

ワードプレスに強い。256Gが¥1,000から。低価格サーバ

photo credit: -Kevong- via photopin cc

▽▽忘れないようにシェア♪▽▽

関連記事

  1. Googleセーフブラウジング

おすすめ記事

  1. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  2. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  3. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
  4. ExcelでURLリストからドメインのみを抽出する方法
  5. WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)
ページ上部へ戻る