menu
閉じる
  1. WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)
  2. Analyticsで他ドメインへのクリックをコンバージョンとして計測す…
  3. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
  4. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  5. WordPressディレクトリ毎データを移動する方法
  6. ExcelでURLリストからドメインのみを抽出する方法
  7. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
閉じる
閉じる
  1. Adwords拡張テキスト広告の作り方(設定方法)|2017年1月フォ…
  2. リスティング広告のメリット・デメリット
  3. Facebook広告価格見積もり方法
  4. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  5. GAIQ(EC)Unit1:コース概要
  6. Contact Form 7でInternal Server Erro…
  7. マッキンゼープリンシパルが語る失敗しないビッグデータ
  8. 【動画】アナリティクス解説 vol.5
  9. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  10. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
閉じる

Webマネジメントラボラトリー

アナリティクス(not provided)の増加の原因はGoogleのSSL?

アナリティクスをご利用になっている方はよく気になるところですが、キーワードを調査しようと思ってみると、結構な割合でNo Providedが表示されていることがあります。

これはどうやら、GoogleがSSL対応になったことが原因のようです。

アナリティクスは言うまでもなく、Googleのサービス。

キーワードが見れなくなってくれば、Analyticsの目的の半分は達成できないのではないのか?と疑問になります。

きっとアナリティクスを改善してくれるのだろうと楽観的に見ていますが、そもそも、そうした事を全てブラックボックスにしてしまうのかもしれませんね。

これについては、また詳細をご報告したいと思います。

photo credit: Julien Lozelli via photopin cc

関連記事

  1. Analyticsで他ドメインへのクリックをコンバージョンとして…

  2. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法

  3. 【動画】アナリティクス解説 vol.5

おすすめ記事

  1. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  2. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  3. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
  4. ExcelでURLリストからドメインのみを抽出する方法
  5. WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)
ページ上部へ戻る