menu
閉じる
  1. WordPressディレクトリ毎データを移動する方法
  2. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  3. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
  4. Analyticsで他ドメインへのクリックをコンバージョンとして計測す…
  5. WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)
  6. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  7. ExcelでURLリストからドメインのみを抽出する方法
閉じる
閉じる
  1. Adwords拡張テキスト広告の作り方(設定方法)|2017年1月フォ…
  2. リスティング広告のメリット・デメリット
  3. Facebook広告価格見積もり方法
  4. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  5. GAIQ(EC)Unit1:コース概要
  6. Contact Form 7でInternal Server Erro…
  7. マッキンゼープリンシパルが語る失敗しないビッグデータ
  8. 【動画】アナリティクス解説 vol.5
  9. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  10. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
閉じる

Webマネジメントラボラトリー

Analyticsで他ドメインへのクリックをコンバージョンとして計測する方法

クロスドメイン計測は設定が難しい

ショッピングカートASP等を使用していると、カートのURLがサイトとは別ドメインになることは多くあります。

そうした場合でも、analyticsで複数ドメインにまたがって、計測し、コンバージョンを計測することは可能です。

ただ、経験済みの方は多くいるかと思いますが、非常に設定が複雑で多くの人にとっては難しいです。

クリックをコンバージョンとして設定する

そのような状況の時の代替案として、外部ドメインへのクリックを計測して、それをコンバージョン指標にする方法があります。

つまり、カートに入れるボタンのクリック等、カートドメインに遷移する際のクリックをコンバージョンとして定義し、そのクリックを指標として、サイトの解析をするということです。

この設定は、比較的簡単に実現ができるので、その設定方法について、記録しておきます。

基本的には、計測したい他ドメインへのリンクのaタグに以下のような、コードを挿入します。

標準の Google アナリティクスを使用している場合とユニバーサル アナリティクスを使用している場合で設定方法が異なります。

 

標準の Google アナリティクスを使用している場合

onClick="javascript:_gaq.push(['_trackPageview', '任意の文字列']);"

例としては以下のようなイメージです。

<a onclick="javascript:_gaq.push(['_trackPageview', '任意の文字列']);" href="リンク先URL" target="_blank">カートへ進む</a>

 

ユニバーサル アナリティクスを使用している場合

onClick="javascript:ga('send', 'pageview', '任意の文字列');"

例としては以下のようなイメージです。

<a onclick="javascript:ga('send', 'pageview', '任意の文字列');" href="リンク先URL" target="_blank">カートへ進む</a>

 
 

任意の文字列は、仮想URLになりますので、そのページが存在しなくてOKです。
クリックをされると、アナリティクス上はこのページ http://貴方のサイトURL/任意の文字列 にアクセスしたことになります。

実際にブラウザ上で遷移するのはリンク先URLです。

任意の文字列は、後でアナリティクス内で検索するので、ドメイン名等に含まれない文字列にしておきましょう。

その他の注意事項として、target=”_blank” は必須のようです。

何度やっても計測できず、数時間いろいろ苦戦した末、target=”_blank” を追加したら計測ができました。。。
また、個別のフィルタ設定しているときも上記のクリックが計測できないこともあります。

リンク先を上記のように変更したらアップロード。

Analyticsの設定をする

次にAnalyticsの設定です。

アナリティクスの管理画面の右上[アナリティクス設定]から該当プロファイルの目標設定に進み、
analytics_click_conv1
目標作成ボタンをクリックします。

analytics_click_conv2
詳細表示を選択。

analytics_click_conv3
任意のコンバージョン名を設定します。

analytics_click_conv4
最後に任意の仮想URLを指定します。これは前述のように、ページがなくても大丈夫。

設定を保存して、サイトの該当ボタンをクリックしてみましょう。

analytics_click_conv5
アナリティクスでコンバージョンが表示されればOKです。
リアルタイムのコンバージョンで確認すれば、即時で確認できます。

photo credit: funadium via photopin cc

関連記事

  1. 【動画】アナリティクス解説 vol.5

  2. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法

  3. アナリティクス(not provided)の増加の原因はGoog…

おすすめ記事

  1. GAIQ(EC)Unit1:測定計画の利用
  2. ページ表示が遅い原因となるレンダリングブロックの解除方法
  3. サイトの表示スピードが遅い時の原因調査方法
  4. ExcelでURLリストからドメインのみを抽出する方法
  5. WordPressにメールで投稿する方法(アイキャッチ付き)
ページ上部へ戻る